スマブラ 目指せVIP!初心者向け上達法

スマブラ初心者向けにテクニックを伝授します!

オンラインで全然勝てない、逆ビップが抜けられないという方に特に見ていただきたいです。

あなたのプレイングに足りないピースを埋めるテクニックをご紹介しています。

今回はVIP未満の方が読むことを想定しています。

ボタン操作振り分け

スマブラ上達法の前にコントローラのボタン操作について解説します。

これにより操作ミスが格段に減るのでVIP目指すなら絶対にした方がいいです。

ボタン操作設定はスマブラを起動してZRを押してから「オプション」、「ボタン」から設定できます。

おすすめ設定は以下の通りです。

「右スティック」を「強攻撃」

「X」を「ジャンプ」(ジャンプ同時押しで小ジャンプが出せます。)

「Y」を「つかみ」

「はじいてジャンプ」をオフ

強攻撃とスマッシュ攻撃の使い分け

強攻撃とスマッシュ攻撃の使い分けはきちんとできていますか?

後隙が見えたからとりあえずスマッシュ!!になっていませんか?

スマブラの重要なポイントは後隙を最大リターンで狩るということです。

その第一歩が強攻撃とスマッシュ攻撃の打ち分けになります。

上記のボタン設定であれば右スティックで強攻撃が簡単に出せます。

相手の後隙を見て、スマッシュか、強攻撃かを見極めましょう。

後隙へのリターンの取り方を学ぶ第一歩としてスマッシュと強攻撃から始めましょう。

わかってきたらフレーム表などをネットで調べたり、対戦で各キャラの発生の速さや後隙の長さを体感的に覚えていったりすると

より精度の高いプレイングができます。

最終的にはこのレベルを目指したいですね。

復帰の仕方

復帰をミスすると%に関係なくストックを落としてしまいます。

それゆえに復帰はスマブラで最も慎重に行うべき部分と言っても過言ではありません。

復帰が単調であれば当然狩りやすく、相手としても余裕を持って試合運びをできることになります。

復帰阻止されないコツとしてはなるべく上Bで帰ることと復帰ルートを複数用意しておくことです。

上Bで帰ろう

上Bで帰る利点は空ジャンを残して置けるのと空ジャンで帰るより狩られづらいことです。

空中ジャンプを狩られて、上Bだけではで届かずそのまま落下した経験はありませんか?

上Bで帰れば、例え復帰中に攻撃を食らってもジャンプが残っているのでまだ復帰できます。

また復帰を狩りに来た敵を上Bに巻き込める可能性があります。上手くいけば崖メテオでストックを奪えるかもしれません。

複数の復帰ルートを用意しよう

復帰ルートを複数用意するというのは崖下まで空ジャンと上Bで行く、崖付近まで空ジャンで移動しそこから移動回避で崖をつかみに行くなどです。

敵に復帰阻止性能がそこまでないのであれば、敵の攻撃が届かないくらい低くジャンプして崖の真下まで行き、そこから上B復帰すればよいと思います。

問題は敵の復帰阻止性能が高い場合です。

この場合、先ほどのように低くジャンプしても敵の攻撃が届いてしまいます。

この場合の復帰テクニックのひとつは上Bの早出しです。

狩りに来た相手を上Bで返り討ちにします。または、落下先を狩りに来た敵の頭を越して先に復帰できます。

はずした場合は大きな後隙をさらしますがうまく使えれば敵は復帰阻止に来づらくなります。

他には空ジャンからの急降下を絡めた復帰があります。

ジャンプ先を狩りに来た敵の下をくぐって上Bで復帰する形です。

移動回避を使う

大きく吹っ飛ばされると復帰力がないキャラは最短の復帰ルートをたどらなければならないので敵に読まれやすくなります。

こうならないように、吹っ飛ばされてベクトル変更が終わったらすぐにステージ側へ移動回避して距離を稼ぎましょう。

これにより、復帰距離を稼ぐのに余裕が生まれるので様々な択を実行することができます。

崖の攻防

崖では敵の択が絞られるので、バースト、もしくはダメージを稼ぐのに都合がいいです。

裏を返せば崖上がりは不利な状況に陥っているので立ち回りを考えなければなりません。

崖上がり

崖上がりでの行動は以下の5種類です。

その場、攻撃、ジャンプ、回避、崖離しです。

崖離しから復帰するにはそこから空ジャンでステージに戻ることになります。

崖は読みあいです。心理戦なので完全な安全策はありません。

敵に読まれづらい択を実行するしかありません。

崖狩り

崖狩りでは相手の択を読んで先手を打つことができます。

したがって、敵の崖上がりに何もしないで待ったり、崖つかまりの状態の敵に追撃をしようとして先に復帰されたりするのはもったいないです。

崖狩りで有効なムーブを紹介します。

攻撃上がり読みガード

ひとつは敵の近くで待機して、敵が攻撃上がりする時にガードして反撃することです。

ガードを張らずに待機していると攻撃上がりしてくることが多いので返り討ちにしてやりましょう。

回避上がり読み下スマ

次は、回避上がり読み下スマです。

崖捕まり状態の敵の攻撃上がりが当たらないかつ回避上がりで自分の裏を取れる位置で崖を向いていると、敵は内側に行くために裏を取ろうとして、回避上がりをすることが多いです。

それを向きを変えずに前後を攻撃できる下スマで狩ります。

下スマが一方向しか攻撃できないキャラは引き横スマなどで代用しましょう。

その場、攻撃上がり読み横スマ

その場、攻撃上がりに横スマを放ちます。

十分離れた位置で待っていると敵は一番距離が遠いところに復帰できるその場を選択しがちです。

そこにステップと横スマで奇襲します。

近い位置で待って敵の攻撃上がりを誘い出して、引き横スマで狩るのも有効です。

まとめ

私の中でスマブラ上達の第0歩はボタン設定です。

絶対にやることをおすすめします。

そして第1歩が後隙の狩り方を学ぶことです。

初心者の方はこれをスマッシュと強攻撃を使い分けて学びましょう。

復帰の仕方は、

・大きく吹っ飛ばされたら移動回避で距離を稼ぐ

・上B早出し、急降下、回避→崖捕まりを駆使する

・毎回同じ復帰をしない。

を意識すると狩られにくいです。

崖は心理戦です。

敵のクセを読んで動きましょう。

崖狩りにおいては

敵の動きを誘導させて引き横スマ、下スマで狩りましょう。

敵に安全に崖上がりを成立させるのは絶対に阻止しましょう。

各展開でいいムーブを積み重ねることが勝利への鍵です。その場その場にあった択を実行してVIPを目指していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。